平澤特殊楽器製作所 | 鼻笛の吹き心地
18137
single,single-post,postid-18137,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-7.5,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
shapeimage_4-3

03 10月 鼻笛の吹き心地

鼻笛には(特にベトナム製の物には)かなりの個性があります。今回はその個性の一つ「吹き心地」について私が感じていることを書こうと思います。鼻笛の吹き心地は重い/軽い、または硬い/軟らかいというような言葉で表現出来ると思います。私は重い/軽いで書いているのでそれで今回も書いていきます。

重い鼻笛には

・ハイパワーな息をつぎ込んでも音が消えない。

・そのため、スタッカートがしやすい。

・迫力のある大きな音が出る。

軽い鼻笛には

・息を少し入れただけでも音が出る。

・多く入れるとかすんだ音になる。

・高音域が無理なく出せる。

というそれぞれの特徴があります。

私としてはそこそこ重い方が好きなのですが、それは人それぞれだと思いますので合う鼻笛に巡り会って下さいね。

2010年1月22日 平澤 翔

No Comments

Post A Comment