平澤特殊楽器製作所 | 鼻笛演奏法
218
archive,category,category-218,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-7.5,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive
%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96

04 10月 ノーズ・フルート~舌運び編~

鼻笛の舌運び(音の取り方)について最近ある事に気がつきました。それは鼻笛の運舌を基礎練習する方法です。この練習は鼻笛を使いませんので、お近くに置いておいてくださいね。 1.まず、舌の奥を口の上側に近づけ息を出した時に「ほー」か「こー」の様な音が出るようにします。 2.そして、その音を「こー」と「かー」の間の音が出るくらいになるまで舌を調整します。舌で空気をつかむ感じで調整すると上手くいくはずです。 3.そして、その口のまま舌の奥と口の上をぴったり塞いでしまいます。これで、鼻笛を吹けばきっと音が鳴ります。 4.今度は、さっきの「舌で空気を掴んだ」イメージのまま舌をずんずん前に出して行きましょう。 5.きっと、かなり高い音まで安定して出すことが出来るようになります。...

Read More
%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96

04 10月 ノーズ・フルート~音程を変えて見よう! 続・音域編 ~

高音と低音は出しづらいと思います。前回にも書きましたが、今回は音を出す、どちら言うと高音を出す練習法(?)をご紹介します。それは、口を閉じたままで舌を動かして口の中に空気の球体を作ってそのまま口を開きます。これで出るような感じの所にセッティングされていると思いますので試してみて下さい。 ...

Read More
%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96

04 10月 ノーズ・フルート~音程を変えて見よう!~

今回は、ホイッスル型の鼻笛についてです。鼻笛の音程は舌を使って口腔内の広さを変えることで変わります。広ければ低く、狭ければ高くなります。案外無茶な舌の姿勢、例えば舌を立てたりなんかしても音は出ますので深く考えずにチャレンジしてくださいね! その内、コツが掴めてくると思いますよ。  しかし、高音と低音は出しにくいと思います。どちらも響いている感覚を掴んで舌を動かすのが大事だとおもいますが私なりにしていることをここに書きますので、皆さまのご参考になれば幸いです。 まず低音からですが、舌を引っ込めて、唇の位置を崩さずにあごを最大限に下げます。そして、ゆっくりめに息を吹き込みましょう。 そして高音は「出にくいな」という所(「い」と発音するときのような形のはずです)でほんの少し(本当に気持ち程度)舌の端を上げてみましょう。 下前歯に舌の先を近づけると音が安定する気がします。 より高い音へは、そのままどんどん前に押し出し&息を強くしましょう。そして、前に出てるに連れて歯の間隔と息に負けないように舌に力を込めていきます。 もっと上には舌の先を今度は下げて端を上げるとかとは関係なくとにかく前に押し出しましょう(+2半音程出ると思います)。 多分、こうすれば高音や低音も出ると思いますので是非チャレンジしてください! もし出なかったとしても私の解説力不足です、すみません。& 絶対に3オクターブ以上出ますのであきらめないでくださいね。 ...

Read More
%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96

04 10月 ノーズ・フルート~3オクターブを出す~

今回は私の鼻笛演奏法を載せたいと思います。「舌だけでなく唇や顎といった口全体を使って鼻笛を演奏する」という感じのものです。 ですがベトナム製鼻笛やヒューマナトーンの音域を実用音域だけでも3オクターブ以上にまでする事ができます! まずは鼻笛の基本の構え方です。 1.上唇と鼻の間の所に鼻笛上部を引っ掛けます。 ※引っ掛ける場所は ベトナム製鼻笛:鼻息を吹き込む所の下部、段差になっているところ。 ヒューマナトーン:鼻笛上部裏側の三角形に切り込まれている部分。 2.歌口の穴から7mm~1.5cmほどの所まで下唇を開きます。 それでは、ここから口全体の動きを低音域、中音域の高・低、高音域の 4つに分けて伝えたいと思います。 ※かっこ内は話すときのイメージです。 低音域=「お」 舌:後ろに引き、口の奥に立てて壁を作る感じです。 唇:前に突き出し、左右をすぼめます。 顎:下唇が離れない所まで引き下げます。 息:比較的ゆっくりと息を入れます。 ※ヒューマナトーンでは、鼻笛が鼻からはなれない様に注意してください。 中低音域=「あ」 舌:軽く前を下げ気味にしますが、特別な事はありません。 唇:ぽかんと開ける感じですが、少し脇をすぼめます。 顎:唇が位置に来るように軽く開いておきます。 息:普通くらいに入れます。 中音域=「うぇ」 舌:少し中程に立てます。音程が高くなるにつれてそのまま押し出します。 唇:前に突き出しすぼめますが、低音よりも上に置きます。 顎:少し上げ気味にします。 息:そこそこ強く入れます。 ※「う」の唇に「え」の舌です 中高音域=「うぃ」 舌:立てたまま押し出します。限界になったら下の高音域編へ飛びます。 唇:前に突き出して左右をすぼめ、少し上に上げます。 顎:そこそこ上げ気味にします。 息:かなり強く入れます。 ※「う」の唇に「い」の舌 高音域=「th」 →「う」に「え」が少し混ざる感じ。相当な力が入ります 舌:上下の歯で挟んで少し先端を下げます。 唇:すぼめて突き出し上に向けます。より高い音を出すときは下唇をさらに前に出します。 顎:舌を挟むまで上に上げます。より高い音を出すときは前に出します。 息:強く入れます。 ※唇の形は「う」で舌は歯の外に出します=「th」 ※低音域では唇を突き出しつつ薄くするために全方向へ引きます 出ましたでしょうか? ご参考になれば幸いです。...

Read More